脱毛エステで用いられる方法 光脱毛の方式であるIPL方式

光脱毛は、ほとんどの脱毛エステで主流となっている脱毛の方式であり、脱毛エステを利用する人にとってはたいへんなじみの深いものです。しかし光脱毛といってもその方法には、SSC方式とIPL方式という2種類の方法が存在しており、それぞれが異なった性質を持っています。それらの脱毛方法がどういったものであるのかを知ったうえで、脱毛処理を行っていくことができるようになれば、それだけでも光脱毛の効果をより高いものにすることができるようになり、効率の良い脱毛を実現していくことができるようになるのです。
SSC方式の脱毛が、クリーム自体に除毛効果が備わっており、主に太い毛に対して高い効果を発揮するものであるのに対して、IPL方式の脱毛処理は光によってメラニン色素を反応させ、毛根の活動を低下させる効果を得ることができる脱毛方式です。SSC方式と比較してIPL方式が優れている点としては、毛根そのものにダメージを与えることができる脱毛方法であるために、産毛のような細い毛に対しても、高い脱毛効果を発揮することができるという点にあります。
しかしIPL方式の脱毛を実現していくための問題点として、脱毛処理を行っていく際に日焼けなどがみられると、その部分の脱毛を行っていくことができなくなってしまう可能性があります。せっかく予約して当日行っても日焼けしているから受けられません、なんて言われたらショックですし、時間がもったいないですよね。
事前に気を付けておきたいポイントはおさえておきましょう。