脱毛エステで用いられる方法 脱毛エステの光脱毛

脱毛エステで行われている脱毛処理の中でも、多くの脱毛サロンで採用されている方法が、光脱毛という方法です。光脱毛は光の力で発毛を抑制する脱毛方法であり、毛そのものを処理する方法であるというよりは、今よりもムダ毛の量を減らしていくことに重点が置かれている脱毛方法です。
毛髪には成長期、退行期、休止期という3つの段階を経て、新しい毛に生え変わっていくという性質を持っています。光脱毛はその中でも成長期の毛髪の成長を抑制する働きを持っており、そのほかの段階の毛髪にいくら処理を行ったとしても、高い効果を期待することはできません。そのため毛髪の成長に合わせて、処理を行っていく必要があり、数か月ごとに治療を行っていかなくてはならないということになり、光脱毛で望んだ結果を出していくためには、数か月にわたる、長い治療の期間が必要になってしまうのです。
光脱毛は脱毛処理によくある治療中の痛みなどが少ない治療方法であると同時に、処理にかかる時間もほかの方法と比較して短いという特徴があり、そうしたことから多くの脱毛サロンで採用されています。
また光脱毛と一言で言っても、その方法は、IPLといわれる方式と、SSCといわれる方式の2種類が存在しています。自分が利用していくことになる脱毛サロンではどちらの処理が行われているのかをしっかりと調べ、それぞれの特徴を理解して利用していくことができるようになれば、より理想的な脱毛処理を受けることができるようになるでしょう。